第25回日本難病看護学会 第8回日本難病医療ネットワーク学会 合同学術集会 は、2020年12月6日をもちまして閉会いたしました

 令和2年11月20日(金)から12月6日(日)まで、第25回日本難病看護学会第8回日本難病医療ネットワーク学会合同学術集会をWeb上で開催をいたしました。もともと現地開催として企画してまいりましたが、開催方式変更にも関わらず、コロナ禍の中、800名以上の方にご参加をいただき、大過なく盛会のうちに終了できました。これもひとえに講師、座長の皆様、企業様のお力添えのおかげと感謝申し上げます。

 原因不明と定義された「難病」の世界では、日進月歩の進化によって、その原因の一部が解明され、治療法のないとされた状況も、新しい治療法が次々と開発されつつあり、本学術集会のテーマを『ともに~「難」の克服をめざす 難病新時代の到来~』としました。これまでの叡智をもとに適切な情報を伝えること、多職種によって難病医療・ケアに最善を尽くすこと、その結果として利用者さん・患者さんが、難病とともに生きていこうとする力や創造力など自身に「可能性として内在している力」を周囲との協力によって、ともに引き出していくこと(生の拡充)を目指すことを、テーマに込めました。

 このテーマのもとに基調講演、特別講演、教育講演、シンポジウム、パネルディスカション等を企画いたしました。例年のように多職種が、face to faceの形で熱心な討論をすることはかないませんでしたが、Web上でのアンケートなど双方向的な企画が組まれ、Webならではの利点も感じていただけたのではないでしょうか。

 一般演題に89演題応募いただき、うち優秀演題候補に12演題が選ばれ、その中から最優秀演題賞 2名、優秀演題賞 4名が受賞をされました。学会を通じて、皆様が様々なヒントを得、今後の活動に活かしていく糧になっていただくことが出来ましたら、私どもの最大の喜びです。

 参加者の皆様から、良い学会であったとお褒めの言葉を頂戴しており、大変嬉しく存じます。また、学会期間中は至らぬ点もあったかと思いますが、何卒、ご容赦下さいますようお願い申し上げます。

 最後に、学会にご参加いただきました皆様、開催に際してご協力賜りました賛助会員各位・協賛企業様各位、そして学会企画、準備、運営に携わっていただきました皆様のこれからの益々のご活躍とご多幸を祈念してお礼の挨拶とさせていただきます。

2020年12月7日

第25回日本難病看護学会学術集会大会長
中山 優季(公財)東京都医学総合研究所 難病ケア看護ユニット)

第8回日本難病医療ネットワーク学会学術集会大会長
川田 明広(東京都立神経病院 脳神経内科)

【第3報】リアルタイム配信日程終了のお知らせ

 第25回日本難病看護学会 第8回日本難病医療ネットワーク学会 合同学術集会 は、2020年11月20 – 21日のリアルタイム配信日程を終了いたしました。 ご参加いただきました方々、ありがとうございました。

 慣れないWEB開催ではございましたが、皆様の温かいお言葉やねぎらいを頂き、なんとか終了できました。ご関係のみなさまには心より感謝申し上げます。

 なお、参加登録がお済みの方は、引き続き12月6日までのオンデマンド配信(一部のプログラムを除く)をご視聴いただけます。引き続き、よろしくお願い申し上げます。

2020年11月24日

第25回日本難病看護学会学術集会大会長
中山 優季(公財)東京都医学総合研究所 難病ケア看護ユニット)

第8回日本難病医療ネットワーク学会学術集会大会長
川田 明広(東京都立神経病院 脳神経内科)

一般演題 最優秀演題賞 優秀演題賞 受賞者の発表

 一般演題に最優秀演題賞 2名および優秀演題賞 4名を査読委員の審査により優秀演題候補を選出し、その中から両学会の役員により投票を行いました。

 受賞された先生方、誠におめでとうございます。


受賞結果はこちら

【第2報】学術集会開催方針に関するお知らせ

 全世界で新型コロナウイルス(COVID-19)と闘病中の患者さまにお見舞いと、対応にあたっているすべての医療関係者に心より敬意を表します。

 第25回日本難病看護学会 第8回日本難病医療ネットワーク学会 合同学術集会が開催される11月20日・21日は、新型コロナウイルス(COVID-19)感染流行の現状から、東京都などの首都圏の大規模な感染が想定されており、通常の現地集会型での開催が難しい状況と考えられます。

 この状況を鑑み、本学術集会では、参加される皆様の安全を最優先し、従来の現地開催ではなく、Web開催(ご講演及び、スライドをご自身のパソコンで視聴していただく形式)を行うことで決定いたしました。

 今後、詳細は随時、学会ホームページ等で掲載してまいります。皆様には大変なご不便をおかけいたしますこと心よりお詫び申し上げます。適切な対応と準備を行うよう最善の努力をしてまいります。会員の皆様におかれましては、ご自愛のほど何卒宜しくお願い申し上げます。

2020年6月30日

第25回日本難病看護学会学術集会大会長
中山 優季(公財)東京都医学総合研究所 難病ケア看護ユニット)

第8回日本難病医療ネットワーク学会学術集会大会長
川田 明広(東京都立神経病院 脳神経内科)


大会名 第25回日本難病看護学会 第8回日本難病医療ネットワーク学会 合同学術集会
(略称:難病看護医療NW合同学術集会)
テーマ ともに ー「難」の克服をめざす 難病新時代の到来 ー
大会長 中山 優季(公財)東京都医学総合研究所 難病ケア看護ユニット)
第25回日本難病看護学会学術集会


川田 明広(東京都立神経病院 脳神経内科)
第8回日本難病医療ネットワーク学会学術集会
会 期 2020年 11月20日(金)21日(土)
会 場 配信収録会場:大田区産業プラザPiO
〒144-0035 東京都大田区南蒲田1丁目20-20

関係者以外は配信収録会場においでいただく必要はありません。
運営事務局 第25回日本難病看護学会 第8回日本難病医療ネットワーク学会 合同学術集会 運営事務局
(略称:難病看護医療NW合同学術集会)運営事務局
公益財団法人東京都医学総合研究所 難病ケア看護ユニット
〒156−8506 東京都世田谷区上北沢 2−1−6
E-Mail|godo2020@nambyokango.jp
(電子メールでのご連絡をおすすめいたします)
TEL|03-6834-2290 / FAX|03-6834-2291
学会事務局 第25回日本難病看護学会学術集会 事務局
公益財団法人東京都医学総合研究所 難病ケア看護ユニット

〒156−8506 東京都世田谷区上北沢 2−1−6

第8回日本難病医療ネットワーク学会学術集会 事務局
東京都立神経病院 脳神経内科

〒183−0042 東京都府中市武蔵台 2−6−1

Copyright © 第25回日本難病看護学会第8回日本難病医療ネットワーク学会合同学術集会 All Rights Reserved.